西寧のチベット仏教寺院 タール寺(Akiko)

青海省の西寧には漢民族、回族以外ににも、チベット族が沢山住んでいます。この日はチベット仏教寺院では最大規模のタール寺(クンブム)に行きました。

 

タール寺は、ラサにあるデプン寺、セラ寺等と並ぶチベット仏教ゲルク派の六大寺院の一つ。ゲルク派はチベット仏教四大宗派のうちの一つであり、最大の宗派でもあります。ダライ・ラマもこの宗派の所属です。

 

明の時代1560年創設ということで、450年以上の歴史があります。ちなみに「クンブム」はチベット語で、「十万の獅子吼仏像の寺」という意味だそう。500人ほどの修行僧の方がいらっしゃるとのこと。

 

西寧から湟中行きのバスに乗り、揺られること50分。終点の湟中に到着。このバス停からタール寺までは1キロ程歩きます。

IMG_3771

途中の道にはお土産屋さんが沢山並んでいます。京都清水寺の参道のチベット版のよう。

IMG_3774乙女心をくすぐる小物たち。

IMG_3778

巨大なパンも売っていました。直径30センチ位あります。

IMG_4020

こんなに大きなパンは見たことがないので、どんな味がするんだろう!と、数キロあって重たいので帰りに買ってみましたが、大きすぎて数日かけても食べきれませんでした。味は・・・とっても素朴なパンでした!

 

タール時の入口付近ではチベットの民族衣装を着て撮影できます。衣装を着ている子供がかわいらしかったので、お母さんに許可をとって写真撮らせてもらいました。

IMG_3791

参道的な雰囲気を楽しみながらタール時前のチケット売り場に到着。平日にもかかわらず、もの凄い混雑です。中国13億人の力に色んな意味で脅威を感じる今日この頃。

IMG_3795

チケットはお坊さんが販売していて、一人80元。修行僧なのにこんな仕事させられて・・・と少し気の毒に。このチケットで、寺院の建物のうち9つ位の建物を見学できます。

 

入口。なんだかディズニーランドのような混雑。

IMG_3801

入口を入ると広場のようになっており、その一角に如来八棟が。仏様の八大功徳を表しているようです。

IMG_3816

入口から少し歩くと、祈祷殿、大経堂等、中を見学できる建物があるんですが、団体ツアーがひっきりなしに訪れるので、あまりの混雑に辟易としてしまい、ツアーが来ない奥の方にある時輪経院へ。

IMG_3862

この中は撮影禁止なので写真がありませんが、中は綺麗な色遣いの幕のようなものが天井から下がり、お坊さんが座るための敷物の敷いてある細長い椅子の列がいくつもあります。薄暗い中、ろうそくが灯り、お線香の香りが漂い、チベットの信者の方々の唱えるお経が響いていました。神秘的な雰囲気に、なんだか不思議な気分になりました。

 

マニ車。右回り(時計回り)に回転させると、回転させた数だけお経を唱えるのと同じ功徳があるということです。

IMG_3869

それから蔵経楼、密宗経院等見学しましたが、基本的に建物のつくりは同じ感じです。近年作られた建物はとても華やかでした。

IMG_3875

金色の象さん。

IMG_4006

混雑に疲れてバードウォッチング。

IMG_3963

そして一番大きな大経堂へ。入口に戻る際、少し混雑が緩和されたようだったので見学。ですが中は相変わらず恐ろしい混雑で、見学もそこそこに早々に退散しました。混雑の中、五体投地でお祈りなさっている方もいました。混雑を抜けた後の広場。

IMG_4000

タール寺でチベットの雰囲気を静かに味わいたいと思っていたんですが、そんな雰囲気はありませんでした。静かに過ごしたい人は他のお寺に行った方がいいかもしれません。ここ以外は訪問しなかったので、おすすめできるお寺がないんですが。

 

このタール時の見学時間は8:30~17:30なんですが、毎日こんなに見学者が来たらお坊さんは修行どころではないような気がします。あまり悪いことは書きたくないですが、少しマナーの悪さが目につきました。食べたトウモロコシの芯が寺院の壁に差してあったり、トイレの便器ではなく通路で子供におしっこをさせてしまって、ほかの人がその上を通ってトイレの床中がおしっこだらけになったり、木の枝にゴミ袋がひっかけてあったり等、そういうのを掃除するのも大変だと思います。かくいう私も一番初めに入った建物で、撮影禁止と知らずに撮影してしまい、お坊さんに注意されてしまったんですが。宗教施設内を見学することについて色々考えた一日でした。

 

帰りに回族の清真レストランで「麺片」という料理を注文しました。「めんへん」で通じました。注文すると沢山の店員さんが厨房に入り、みんなでちぎっていました。うっすらトマト味でズッキーニなども入り、とっても美味しかったです。

IMG_4024

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←ありがとうございます。1日1クリック有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA