パワースポットセドナで癒されたり➂ ボイントンキャニオン(Akiko)

2016年11月、アメリカのパワースポット、セドナ3日目は、ボイントンキャニオンを訪問しました。

セドナ一日目についてはこちら☆

セドナ二日目についてはこちら☆

 

★ボイントンキャニオン(Boynton Canyon)

セドナの4大ボルテックスの一つ。ネイティブアメリカンのホピ族は、ボイントンキャニオンを最も神聖な場所と考えているそうです。エネルギー的には男性性、女性性の両方を持っているということ。

ホピ族についての記事はこちら☆

10時頃ボイントンキャニオンの駐車場に到着。車を止め、トレイルの入り口で靴ひもを結んでいると、「Hello!」と声をかけられました。振り返ると細身の白人のおじさんが立っていました。「Hello」と挨拶をすると、ハート形の石を差し出し、なにやらとても素敵なことを言って、その石をくれました。(素敵な言葉は、3か月経過しているので思い出せないくらい心の奥深く深くに浸透していってしまいました。)

 

このおじさんは有名な方らしく、ロバートさんというそうです。石を拾ってハート形に削り、いろんな人に配り歩いているみたいです。誰かのブログでハートおじさんについて知り、会いたいと思っていたのに完全に忘れていた私(^_^;)それなのにトレイルの入り口で会えるなんて、なんてついているんでしょう。

 

ボルテックスの場所に行くには、駐車場から「Boynton Canyon Trail」に入り、7、8分くらい歩いたところにある「Vista Trail」に進みます。短いトレイルで、数分でボルテックスの場所にたどり着けます。

 

ここがボルテックスの場所です。

右側のキリンみたいな岩が、女性性のエネルギーが出ていると言われる「カチーナウーマン」。カチーナとは精霊の事です。

そして左側のゴリラみたいな岩が、男性性のエネルギーが出ていると言われる「ノエル」。

 

到着すると、先ほどのハートおじさんが、ノエルのてっぺんに座って笛を吹いていました。

それぞれの曲にテーマがあるらしく、次の曲を拭き始める前に、周辺にいる人に叫んで曲のテーマを教えてくれます。ラブとかユニバースとか色々おっしゃっていました。その笛の音を聞きながら、ヨガをしたり瞑想をしたりしている人がいました。とても綺麗な笛の音です。おじさんの笛まで聞けて、ついてます。

 

曲を何曲か吹き終わると、岩から降り、またハートの石を配りながら帰っていきました。ハートおじさん、温かい気持ちをありがとう。

 

 

このノエルの岩ですが、特にエネルギーは強いらしく、前世を思い出したり、近づくと頭痛がしたり、近づきたいのに近づけない、という体験をする人も中にはいると、どなたかのブログで読みました。我々は鈍感系なので、てっぺんまで登りましたが、感じたのは風の強さくらいでした。

 

この両方の岩、よく見ると小さな水晶がびっしりついている割れ目みたいなのが、ところどころにあります。中にどれくらいの水晶が含まれているんでしょうか。エネルギーの強さはこれも理由に一つかもしれません。

 

Vista Trailを引き返し、Boynton Canyon Trailに戻ります。そのまま駐車場に帰ってもいいんですが、Boynton Canyon Trailも気持ちの良いトレイルだと聞いたので、歩いて来ました。奥まで行って、同じ道を戻ってくるトレイルなんですが、往復3~3時間半くらいかかるようです。我々は途中まで行って満足したところで引き返して来ました。

 

 

 

さて、ボルテックス巡りも終わったので、今度はセドナの町に戻り、お土産探しです。

色々と素敵なお店があるんですが、私は「セドナクリスタルボルテックス」というお店に行きました。沢山の天然石が綺麗に並んでいます。ものすごい品ぞろえです。日本人のお客さんも多いらしく、天然石の器には日本語の説明があるものもあり、物色していた所、日本語の天然石辞典を店員さんが貸してくれました。

 

アメジストやセージの葉など購入しました。大満足(^^♪

ようやく来られた憧れのセドナ。とても素敵な3日間でした。パワースポットとかを抜きにしても、自然がとても素晴らしい場所なので、来れば心が安らぎ、リフレッシュできると思います。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←ありがとうございます。1日1クリック有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA