神秘的!!セノーテサムラとセノーテシケケン(Akiko)

メキシコのバヤドリド(バジャドリド)という町に滞在中、近くにある綺麗なセノーテに行ってみました。

 

バスターミナルの通りをソカロ側にちょっと行ったところに乗り合いバス乗り場があります。一人30ペソ(約170円)。乗り合いバスは普通満席になったら出発だと思いますが、ほかに乗客が集まらないだろうということで、我々だけで出発しました。

 

立派な建物です。

 

チケットは100ペソ(約570円)。サムラとシケケンどちらも入れます。8時開園。開園と同時に入ったのは我々の他に欧米人カップル一組のみでした。

まずはセノーテシケケンへ。中央に売店などがある広場があり、左に進むとセノーテシケケン、右に進むとセノーテサムラです。

 

トイレで着替え、入口でチケットを見せていざ。Chonmageさんはセノーテイキルで溺れかけたため、ライフジャケットをレンタル、20ペソ。入口はなんだか心躍るアドベンチャーな感じです。

 

 

中は本当に綺麗でした!!鍾乳洞があり、天から光が。

 

 

セノーテイキルと同じく黒いお魚が泳いでいますが、こちらは臭くない。水も澄んでいてとても綺麗です。

 

 

写真を撮っていると、メキシコ人の男性2名がダッバーン!!と派手な音を立てて飛び込んだのでびっくり。そして本気クロール!あっという間にセノーテの水の透明度と神秘的度が下がってしまいました(^^;)。綺麗な写真を撮るなら目指せ1番乗り。

 

泳いだり眺めたりして満喫したので、セノーテサムラを後に、次はシケケンへ。

 

ライフジャケットはシケケンで一回返却しなければならず、サムラでまたレンタル、20ペソ。

 

セノーテサムラの入口。

 

こちらも素敵な雰囲気!天からの光が差し込んで、とても神秘的です。

 

 

 

 

雰囲気を楽しんでいると、先ほどのメキシコ人男性2人組登場。飛び込み!本気クロール!!泳ぎ終わるとものすごくハアハア言っていました笑でもこちらはそんなに水の濁りは気になりません。

 

 

溺れる心配がない上、浮かぶのが楽しいと笑顔のChonmageさん。レンタルの黄色いライフジャケットに、アメリカのウォルマートの処分品コーナーで3ドルで購入した水色の水着の素敵なコーディネート!

 

座っていると、足を小さなお魚がぱくぱくしてきます。ちょっとくすぐったい。ドクターフィッシュなんでしょうか。しばし足のお掃除をしてもらいます。かわいらしいです。

 

 

だんだん人が増えてきて、おいてある荷物のことも気になるようになってきたので、退散することに。入り口前に小さいロッカーはありますが、リュックサックなどは入らない大きさで、貴重品のみ入れることはできると思います。我々が行った朝早い時間は人も少なかったので、セノーテのわきに置いておきました。

 

あと、どちらもシュノーケルを使ってみましたが、特別見るものはないです。なくてもいいや、という感じです。

 

また、どちらも日焼け止めクリームなどは禁止です。水面が光で照らされると油が浮いているのがみえました。そういうもので水質が汚染されていってしまうんですね。本当は入らないで見るだけの方がいいのかも、とちょっと思いました。いつまでもセノーテの美しさが保たれるといいなと思います。

 

出入り口に行くと、朝はいなかった南国の鳥さんがいました。綺麗な色です。

 

 

帰りは乗り合いバスがいないのでタクシーです。二人で80ペソ(約460円)。暑いけど、頑張ればレンタル自転車でも往復できるみたいです。ソカロの南側の旅行会社にレンタル自転車が置いてありました。

 

セノーテの美しさを満喫できた素晴らしい一日でした。ありがとうセノーテ!ありがとう管理人さん!ありがとうタクシーの運ちゃん!ありがとうセノーテを見つけた人!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←ありがとうございます。1日1クリック有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA