Akikoさんのタイマッサージ技術(2か月経過)

こんにちは。タイのチェンマイでマッサージの練習を精力的に、毎日行っているAkikoさんの夫のChonmageです。髪がのびました。Akikoさん、どんどん上手くなっています。

 

今回はタイのタイマッサージについて少し書きたいと思います。

皆さんはタイマッサージを受けたことがありますか?

わたしがタイで訪れたことがあるのは首都のバンコクと、ここ北部にあるチェンマイです。どちらもタイマッサージのお店は町中のいたる所にあるので、予約する必要もなく飛び込みで行っても揉んでもらえます。値段は安くて1時間150バーツ(約500円・写真上)から、豪華なラグジュアリー体験のできる至れり尽くせりスパなんかだと2時間3000バーツ(約10000円・予約必要?)など。色々なのです。

 

高級スパだと設備が最新で綺麗だったり、セラピストが複数人ついたり、立地が良かったりしますが、かといって地元の屋台の隣で営業しているような安い所が悪いとは一切言えなくて、これが不思議なことにとってもうまかったりします。意外と重要なのは値段ではなくセラピストとの相性が大きいと秘かに思っています。

 

うまいマッサージに出会って欲しいです!

わたしも首を執拗に揉みほぐされて(あれはもはや攻撃でした・・・)数日間痛めたり、たまたま見習いセラピストが付いて全然気持ち良くもなんともなかった。なんてことがありました。初めての店ではこういうことがあるのですが、そういう体験をすると二の足を踏んでタイマッサージの本当の気持ち良さにたどり着かないかもしれません。ですが、

 

気持ち良いマッサージに出会うと信じられないほど感謝があふれるのです。それはもう天国のようで、丁寧に施術してくれるセラピスト様がもう神様のように思えます。わたしは初めてのマッサージはこんなものか、程度の感想で、施術後の体の軽さもサバーイ感(タイ語で気持ちいい)も特になかったのですが、タイに来るたびに受けているとその凄さに魅了されました。ですから一度で懲りず何度かマッサージに行ってみて欲しいです。

 

Akikoさんが通学を始めて2か月経過

Akikoさんは以前にわたしが習っていたチェンマイの学校に行っているのですが、Akikoさんはもともとなんかできる人でした。わたしが適当に教えてやると、適当にやっている割には力があって圧もあって「う、うまいなぁ」という感じで、学校を勧めるとこれが楽しい様で、通っているのです。現在はインターン生として日々上達しています。

そんなAkikoさんですから、2か月でかなりできるようになりました(写真上・日々練習)。今は基本的な「親指による指圧」と「手のひらによる手圧」を使った全身の揉みほぐしをしています。次のレベルでは「肘でのエルボープレス」「前腕の骨を転がすアームローリング」「膝で押す」「かかとで押す」と、タイマッサージらしい多彩な技を習得していきます。Akikoさんの上達が楽しみです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←ありがとうございます。1日1クリック有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA